このところ、全国的に猛暑が続いています。8月6太陽(グラウンド)には、あたいがいる要素でも猛暑太陽となりました。その日にもビジネスがあって観光しましたが、猛暑によって心身がダメージを受けてしまいました。
きのう7太陽は「立秋」の太陽で、この日から暦の上では秋になりましたが、この日の猛暑太陽の地点総量は6太陽のそれを上回り、今季最多となりました。兵庫県内、鳥取県内、新潟県の一部では万々歳温度が38度を飛び越えました。
しかし、立秋というのは、後で気温が下がり設けるというため、暦では立秋の太陽こそが暑さのピークになるのです。一方、立秋頃から、日中は暑さが高くとも朝夕に気持ちいい特有を感じるようになるらしく、昨日の夕暮れに散歩していたとき、なんだか気持ち良い特有を感じたような思いも行う。
立秋以来も少し痛い暑さが貫くであろうが、朝夕に気持ち良い特有を感じたら、時節のやり方を健康で実感できて面白そうだ。

秋に向かい始めましたが、いまだに夏は終わらないので、夏場の明るさを敢然と頂き、何かと行動していきたいところです。ミュゼ 400円