Month: 10月 2016

今年初めて!たけのこをもらったので調理してみました

前日、自宅から「タケノコが食べごろだよ」って奥様から通告が来たので今日、長期間もらって来ました。タケノコは買わなくてもにょきにょき生えてくるのが田舎の嬉しいところですね。昔は季節になると絶えず食膳にのぼっていたのでそれ程美味しいものだと感じていなかったのですが、自分で食事を作るようになった今はどうにも懐かしくて美味しく感じます。山菜やタケノコには灰汁があるので抜かないと食べられません。タケノコのあく抜きにはぬかを使います。煮たあと、はじめ真夜中ほっておくと度々灰汁が抜けてクッキングが出来るようになります。アメイジングで売ってるタケノコがどんなに便利なんだろうって捉えさせられますよね。今回はタケノコの煮物を長期間作ってから炊き込みごはんや日本タケノコグラタンにリメイクしていきます。常に煮物だけでは飽きてしまうしね。旬の元を上手に取りこみながら毎日の夕食が壮健で興味深いものになるように努力しています。静岡銀行 カードローン セレカ

初々しい道楽が引き寄せた思い出深い記憶のところ

現在、始めた真新しいホビー・ポタリング。今回の箇所は岡山県の吉備路。なぜここを選んだかというと、道中に、中学の日数年間だけ通った学業があるから。あれから26年齢。文書の往来が、独りでにメイルや道順に変わったものの、一度も会っていないという不思議な縁が拡がる周りら。私の暮らしのわずか年間なのに、今でも「楽しかった」とたくましく呼べる事象の職場。そっちへ26年齢ぶりに赴いたのだ・・・が、全く印象が違う!26年齢も経てば当たり前の趣旨なのに、頭の中では、未だに田んぼに囲まれた校舎が浮かんでいる。うっかり行き過ぎる業者だった。思い出深い体操衣類に私を包んです後輩ら。私も26年齢前はあの内の1個人だった。その先、どんな暮らしが迎えるのかも知らずに。自分に迫る生徒を目線で見い出しながら、「素敵な暮らしが迎えるよ」と呟く。さっぱり変わってしまった周りの印象に、ところどころ貫くあの日光の事象を見出す。転勤族だった結果、中学生の入学仕様には1個人も周辺はいなかった。授業が張り出され、小学生からの周りと一緒になったと喜んでいらっしゃる生徒を尻目に、担任の先生から授業を話しられ、とりあえず緊張して、授業の皆の前に立ったことしか覚えていない。あの日数、後、26年齢も貫く周りが行えるなんて想像もしていなかった。周りと”周囲”になった第一歩が何だったのか思い出せない。それでも年間また転出が決まったわたくしに、お手伝いしてくれた寄せ書きと伝達を入れたカセットテープは、今でも私の大切な財宝です。後に気づいたことだが、寄せ書きには涙の跡がある。私の為に流してくれた涙。転出の日光、5人の周りがサンドイッチを持って来てくれた。一緒に食べたその卵サンドはちょこっとしょっぱかった気がする。単に年間だけの結び付きだったのに、これ程当てはまる周りに5個人も出会えたわたくしは、とても幸せな・・・そんなことを思いながら、二度と自転車に乗って走り出した私の後ろから楽しそうな中学の感想が講じる。一度しかないこういう間、いつまでも大切にね。http://www.nationalfamilyhistoryfair.net/