先日、安倍首相が衆議院の解散を宣言しました。安倍首相側の与党の立場としては、力を増しつつある小池都知事側の新興勢力の態勢が整う前の今が解散の絶好のタイミングとも言われています。また、前国会で散々野党から追及を受けた森友学園や加計学園の問題から逃げる為とも言われています。
しかし、いざ選挙戦に突入する今の段階で、台風の目と目されてきた小池氏率いる希望の党も未熟さを露呈し始めています。民進党との合流を進めていく中で、小池氏が民進党のリベラル系議員の公認を認めない姿勢を貫いた結果、リベラル系議員を中心とした勢力が立憲民主党を結党して、野党勢力がまた分裂してしまいました。
結局、希望の党も資金源と集票力に駆られて民進党との合流を画策したものの、党利党略を優先した結果、反自民勢力を結集しきれませんでした。
今回の選挙では、希望の党は一定の議席を獲得はするものの、自民党を脅かすまでにはいかないと思います。イメージ先行の急造政党の限界とも言えるでしょう。